浴室クリーニングとのコーキング(シーリング)打ち替え作業

こんばんは、店長の高木です。

本日は浴室のコーキング打ち替えのため、日高市へ行ってきました。

先週から3件ほど浴室クリーニングと合わせてコーキング打ち替えのご依頼を頂いております。

浴室や水まわりのカビが気になる方は、ご参考にどうぞ!

コーキング(シーリング)に入り込んだカビは落ちない?

ゴム状のコーキング剤は、埃(ホコリ)などの汚れが付着しやすく、水滴が残っているとカビが発生しやすくなります。

カビ発生のメカニズム

①温度 ②湿度 ③栄養源(ホコリなど)

浴室などの水まわりでカビが発生するのはこの条件が揃いやすいからです。

浴室クリーニングの際に業務用の強力なカビ取り剤を使用しますが、それでも色素が残ってしまう場合もあります。

そのような場合には、コーキング(シーリング)の打ち直しをすることで綺麗な状態に戻すことができます。

浴室のコーキング打ち替えの様子(ビフォーアフター)

 

 

 

 

 

 

 

当店では、水まわり専用(防カビ剤配合)のコーキング剤を使用します。

カラーはホワイト、アイボリー、クリア、ブラック、グレーからお選びいただけます。

※目地パッキンの交換は行っておりません。

こんな方におすすめ

●カビ取り剤では落ちないコーキング部分のカビをなんとかしたい

●カビが目立つ部分だけコーキングを打ち替えてほしい

浴室のカビでお悩みの方はハウスクリーニングのダイキチにお任せ下さい!

浴室クリーニング、コーキングのダブル施工で気になっていた汚れ、カビもスッキリ解決!

コーキング打ち替えのみをご希望の方もお気軽にご相談ください。

※作業中は電話に出られないことがあります。また、営業電話が多いため折り返し連絡はしておりません。

なるべくメール、LINEよりお問合せいただきますようお願い申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください