エアコンクリーニング業者の手抜き作業

こんばんは、店長の高木です!

本日は、墨田区にてお掃除機能付きエアコンと浴室、浴室乾燥機のセットクリーニングでした(^^)/
今回クリーニングしたのは、パナソニックのお掃除機能付き(CS-563CX2-W)エアコンです。
 

パナソニック CS-563CX2-W (2013年モデル)

 

パナソニックのお掃除機能付きエアコンは、こちらのように中央に基板があるタイプとサイドに基板があるタイプがあります!

 

お掃除ユニットを外すには、まず基板を取り外さなければなりません!

全部で20本以上の配線コネクターや端子を抜く必要があります。基板やコネクターにダメージを与えないよう慎重に行います。
 

基板を外した状態です!

この機種は配線が右から左、左から右へとあっちこっちに張り巡らされており、脱着作業も大変です。
 
 

お掃除ユニットを固定しているビスを抜いて、お掃除ユニットを取り出します。

取り外した写真を見て、何かおかしいと思いませんか?
恐らく前回クリーニングした業者は、お掃除ユニットを外さずにそのまま洗浄したため、ユニットの隙間には汚れが残ったままになっています。これは完全に手抜き作業です。
とくにこの機種は分解できない業者も多く、途中で分解を諦めたり、無茶苦茶に組み直しされてあるケースも目立ちます。

こちらが洗浄後の汚水です(T_T)

一年前に他の業者にクリーニングしてもらったそうですが、1年分の汚れとは思えないほど汚れています。前回、クリーニングしていない部分の汚れも含めた汚水かと思われます。
 
前回の業者も「自分はプロだから何でもできる!」という過信を持っていたのではないでしょうか。
出来ないなら正直にお断りするのも必要な事だと思います。​​​​​​​
万が一破損や故障してしまったら困るのはお客様です!
 

【皆様へお願い】

この時期、朝から晩までフル稼働で動いておりますので、お電話を頂きましても出れません。

作業にも支障が出てしまうため、ご予約やご相談は、ホームページのお問い合わせフォームまたは、LINEにて承っております。

ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください