エアコンを逆から読むと・・・

こんばんは、店長の高木です!

本日は柏市(千葉)と白岡市(埼玉)にてエアコン4台のクリーニングでした。
午前は、富士通エアコン(ノクリア)の分解クリーニングでした。
aircon(エアコン)、逆から読むと…nocria(ノ・ク・リ・ア)、皆さんご存知でしたかはてなマーク
 
では、分解の様子です!
 

富士通エアコン ノクリア AS-M63D2W(2014年モデル)

 

お掃除ロボットの配線が入っている基板BOXは右側についています。

 
最近のお掃除機能は、ほとんどがダストボックス(回収型)です。
自動で集められたホコリは一旦こちらに回収されます。溜まったホコリは定期的にお客様が捨てなければなりません。

 

フィルターのビフォーアフターです!

フィルター自動掃除機能とはいえ、フィルター表面をブラシで軽く撫でる程度ですので、細かな汚れはフィルターに蓄積されていきます。

これで自動掃除機能なんですかね(^^;)
 

お掃除ロボット本体は丸洗いが出来ないため、ハケとウエスで細かな部分まで丁寧に汚れを取り除いていきます。

 

 

シロッコファンのビフォーアフターです!

ホコリとカビで汚れていたファンも専用の高圧洗浄機で強力に洗い流していきます。
 

洗浄後の汚水です!

カビやホコリ、花粉、雑菌などの汚れで真っ黒です(T_T)
 
富士通のお掃除機能付きエアコンは、知識と経験がなければ分解はできません。他社メーカーと比べて富士通はビスの本数も多く、時間も掛かります。
来週にはノクリアXの分解クリーニングのご予約も入っています。ノクリアXは分解が非常に複雑で、対応できる業者も少ないです。
富士通のお掃除機能付きエアコンのクリーニングは埼玉のダイキチにお任せ下さい(#^^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください