プロが施工する|フローリングワックス|業務用と市販のワックス剤の違い

こんばんは、店長の高木です。

本日は江戸川区にてリビングのフローリングの洗浄&ワックス作業を行いました。

先日のご依頼いただいたエアコンクリーニングに続いてリピート依頼です。ありがとうございます!

一般家庭用(市販)ワックス剤と業務用(プロ)ワックス剤の違い

市販のワックスコート剤と業務用ワックスコート剤の違いは、簡単に言うと成分濃度の差です。

濃度差はそのまま保護膜の厚さとなり、業務用は市販されているコート剤と比べて厚い(約3倍)保護膜を形成します。

どちらもアクリル樹脂やウレタンが主な成分になります。

フローリングワックスが塗れない?床材の種類について

最近のフローリングは、ワックスフリー、ノンワックス仕様になっているものが多く採用されています。

そういった床材にワックスを塗ってしまうと、密着不良、ツヤぼけ、白濁を起こす可能性があります。また、滑りやすくなったり汚れやすくなったりします。

フローリング材によっては相性が良くない場合もありますのでご相談下さい。

フローリングワックス作業でよくあるご相談について

家具や動かせないものがある場合はどうしたらいいですか?

どこまでワックスを掛けてくれるの?

お部屋に家具や物がない状態(引越し前後など)でワックスがけをするのが一番ですが、すべての家具や重たい物を移動するのは大変です。

当店では、事前にお客様とご相談して動かせないもの(動かさなくて良いもの)はそのままの状態で作業させて頂きます。

その場合は、写真のように養生をして大切な家具類を汚さないようしっかり保護してから作業を行います。

お客様のご要望に応じて柔軟に対応させて頂きます。

今回のフローリングワックス作業の様子

 

 

 

 

 

ご在宅のフローリングの洗浄作業は、基本的に手作業で行います。

丁寧に剥離作業を行い、水拭きして乾燥させた後、全体にワックスを施工していきます。

この時期(冬季)はワックスが乾燥しずらく、様子を見ながらじっくり乾燥させていきます。

今回は光沢(ツヤ)を少し抑えた滑りにくいワックスコート剤を使用しました。小さなお子様やペットがいるご家庭におすすめです。

フローリング洗浄&ワックスは埼玉のダイキチにお任せ下さい

フローリング作業は手間と時間が掛かります。腕や腰も痛くなります。

●市販のワックスコートを塗ってもすぐに剝がれてしまう

●自宅の床をワックス掛けしてほしい

●フローリングワックスに興味がある

こんな方はダイキチまでお気軽にご相談下さい!

※フローリング作業につきましては、事前見積もりを取らせていただく場合があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください