分解が大変なシャープのお掃除機能付きエアコン

こんばんは、店長の高木です!

 
本日は新宿区にてお掃除機能付きエアコン2台のクリーニングでした(^^)/
どちらも10年前のシャープのお掃除機能付きエアコンです。
当時のシャープのお掃除機能付きエアコンは分解がとにかく大変で嫌がる業者も少なくありません。(最近は分解しやすくなりましたが・・)
今回も1台クリーニングするのに3時間ほど掛かりました。
 
こちらは1台目のエアコンです!
 

2010年モデル シャープ(キレイオン) AY-Z50SX-W

 
 
 
 
シャープの特徴でもある隠しネジが多いパターンです。
こんなとこにもネジが…ばかりです(T_T)
 

ドレンパン下部に左右風向モーターが直に取り付けてあります。

 

取り外したカバー裏側にはモーターや電装パーツが取り付けてあるため丸洗いはできません。

 

お掃除ユニットを外した状態です。

ホコリがびっしり付着していました(+_+)
表面のホコリをブラシで取ってから洗浄していきます。そうしないとドレンホース内でホコリが詰まり水漏れの原因にもなります。
 

汚水です。

約10年分の汚れ、真っ黒でした(>_<)
 
続いて、もう1台!
 
2008年モデル シャープ(キレイオン) AY-W28SE-W
 

シャープあるあるですが、配線がぐちゃぐちゃで結束バンドで無理矢理止めてあります。(新品時)

 

配線を左から右へ、右から左へと外していきお掃除ユニット本体を外します。お掃除ユニットを取り外すだけでも一苦労です(T_T)

お掃除ユニットが外れたら、あとは1台目と同じです。
汚水の写真を撮り忘れましたが、こちらも同じく真っ黒でした(>_<)
 
お客様も汚水をご覧になって驚いておられました。
1~2年に一度はエアコンクリーニングをオススメします(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください