お掃除機能付きエアコンのクリーニングをお考えの方へ

こんばんは、店長の高木です!
皆さんは、自宅のエアコンがお掃除機能が付いているかどうかご存知でしょうか?意外と知らない方も多いです。
家庭用のエアコンには、お掃除機能無しエアコンお掃除機能付きエアコンの2種類があります。※天井埋込タイプを除く
フィルター自動掃除機能付エアコン(いわゆるお掃除機能付きエアコン)をクリーニングする際には、中のお掃除ロボットを取り外す必要があります。

お掃除ロボット(フィルターを自動でお掃除してくれる機械です)
 
このお掃除ロボットを取り外さないと、熱交換器(アルミフィン)をクリーニングする事ができません。クリーニングのやり方は業者によって様々ですが、当店は必ず取り外してクリーニングを行います。その方が確実に綺麗になります!
このロボットを外すには、基盤から繋がる配線コネクターを抜いて、ロボット自体を本体から取り出します。その際に天井と壁(左右)にある程度の隙間が無いと取り出すことができません(>_<)メーカーや機種によって違いますが、天井と壁から約10センチ程度の隙間が必要となります。
※お掃除機能が無いエアコンは関係ありません。
 

お掃除ロボットを動かす基板BOX

右側にあるタイプや中央にあるタイプもあります。
 

天井との隙間が狭いと、お掃除ロボット本体を取り出せません。

 
エアコンの設置業者も「右側(左側)に寄せますか?、中央につけますか?ここら辺でいいですか?」こういった感じで取り付けるケースがほとんどで、クリーニングの事まで考えて取り付けてくれる業者は少ないです(T_T)
※強度や穴を空けてはいけない柱などがあるため、やむを得ないのは仕方ありません。
 
当店にもお掃除機能付きエアコンのクリーニングのご予約やお問い合わせを数多く頂いていますが、残念ながら毎年数件ほど分解ができないケースがあります。せっかく、エアコンクリーニングのご依頼を頂いたのに当日クリーニングが出来ません、、とお客様をガッカリさせないためにも、お掃除機能付きエアコンの場合は、「天井から◯◯センチ、壁(左右)から◯◯センチ空いています」と必ずご連絡下さい。
 
エアコンクリーニングは全メーカー対応、最新のエアコンも対応可能です(^^)/ダイキチまでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください