ダイキンエアコン分解クリーニング

こんばんは、店長の高木です!

本日は台風のあとのフェーン現象の影響でしょうか、湿度が高く汗ばむ一日でした(>_<)

さて、本日の午前はさいたま市浦和区にてエアコンクリーニング、午後は中野区にてトイレとエアコンのクリーニングでした!
午前のエアコンクリーニングでは、2台のうち1台はダイキンのお掃除機能付きエアコンでした。
 
こちらがダイキンのお掃除機能付きエアコンの分解クリーニングの様子です(^^)/
 
 
ダイキン「うるるとさらら」AN50LRP-W 2010年製
ダイキンの場合、型番の頭文字「AN」は家電量販店ルート、「S」の場合は住宅設備ルートの商品です。また、テレビショッピングや量販店のオリジナルモデルなどは、型番に「K」「J」などが追記されています。ご参考までに(^^♪
 
 
このモデルは、カバーが一体型で中央に電子基盤が付いています。
コネクター2本、温度センサーを抜いてお掃除ユニットを取り外します。
 

お掃除ユニットを外すと、アルミフィンが見えます??ホコリで見えませーん…(+_+)

高圧洗浄する前にブラシで表面のホコリを取らないと、ドレンポートが詰まってしまいます(T_T)

自動フィルター掃除機能付きでもフィルターは汚れています。右側が手洗い洗浄後です!
本体も高圧洗浄してキレイになりました(^^♪
 
こちらが洗浄後の汚水です!
透明度ゼロです。「夏型過敏性肺炎」「咳ぜんそく」などのアレルギーの原因にもなります。
 

取り付け後、試運転を行います!
こちらの機種はルーバーが独特な動きをします。シャープのエアコンみたいです。動作確認、お掃除機能も問題なく作業終了です。
お客様も「エアコンの効きが驚くほど良くなった!」と大満足の様子でした(#^^#)
 
ダイキンの分解クリーニングはダイキチにお任せ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください