東芝お掃除機能付きエアコンのクリーニング

関東も梅雨入りし、しばらくムシムシした日が続きそうです!

作業が終わる頃には汗だくになってしまうので、替えのユニフォームは必需品です。。

さて本日は、墨田区と越谷市にてエアコンクリーニングとキッチンクリーニングでした(^^)/
午前の墨田区では、お掃除機能付きエアコンのクリーニングをさせていただきました。エアコンは東芝RAS-281NADX(2012年製)です。
エアコンクリーニングの様子です!
カバーを開けるとグレーのお掃除ユニットが見えます。このお掃除ユニットを取り外さないと高圧洗浄ができません。
4本のビスで止まってますが、奥側の2本は斜め上向きに取り付けてあります。そのため、特殊工具が入るスペース(天井と本体との隙間10センチ以上)が必要です。
コネクターは、基盤BOXからというよりコネクター同士で取り付いてますので脱着は簡単です!

お掃除ユニットが外れました!

こちらのお掃除ユニットは、先日のブログで紹介したダストボックス式と言われる集塵方式です。
お客様にて定期的にボックス内のホコリを捨てなければなりません。この機能は本当に便利な機能なのでしょうか…。

エアコン高圧洗浄後の汚水です!

今回が初めてのクリーニングで、2012年製ということは…約6年分の汚れとなります。
ホコリやカビ、雑菌などでかなり汚れてますね(T_T)
エアコンクリーニングの基本は、2年に一度がおすすめです(^^♪
エアコンクリーニングは、専門知識と専用の道具が無ければキレイにすることはできません。
ご家庭のエアコンクリーニングはプロのダイキチにお任せ下さい!
ダイキチでは、メーカー、難易度によって料金の変動はございません!
もちろん汚れによる追加料金もありませんのでご安心下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください