ダーク系浴室の注意点とおすすめのユニットバス

こんばんは、店長の高木です!

本日は、ふじみ野市(埼玉)と墨田区にて浴室クリーニングでした。
 
こちらは午前の浴室クリーニングの様子です。
 

 
築2年の新しい建物(浴室)で、普段のお手入れも行き届いており全体的に綺麗な状態です。ただ、市販の洗剤では落とせない水垢などの汚れが部分的に付着していましたので、全体をリセットさせて頂きました!(写真はすべてクリーニング後です)
ダーク色の浴室は、落ち着いた高級感のある雰囲気でとてもカッコイイ浴室なのですが、細かなキズが目立ちやすいデメリットもあります。硬いもので擦ってしまうと簡単にキズが入り、全体がくすんだように見えます。ハウスクリーニング業者の中でも素材や汚れに関係なく強い洗剤や硬いもので擦ったりする業者も多いのが実情です。これでは汚れがキズに入り込み、逆に汚れやすい浴室になってしまいます(+_+)
当然、当店のクリーニングではそのような施工は行いませんのでご安心下さい!
実際の仕上がりをご覧頂くとお分かりいただけると思います(#^^#)
 
 
ここからは、こちらのLIXILのユニットバス(アライズ)のおすすめの点をご紹介します!!
なんと、このリクシルのユニットバス(アライズ)は、カウンターを取り外して丸洗いすることができるんです(^^♪
 
カウンターの取り外し方法はとても簡単!
 
①カウンター右側の留め具を外す

②留め具を外して、カウンターを右にずらして上に持ち上げると外れます。

 

③外した状態

実は私の自宅もこちらと同じ浴室なのですが、普段のお手入れも簡単でとてもおすすめです!
他にも排水口の凹凸が少なく、お手入れがとても簡単な「くるりんポイ排水口」など、ストレスなくお掃除ができます(^^)/
どのメーカーの浴室にしようか悩まれている方は是非、ご参考にどうぞ!

ダイキチの年末の注目サービス!

内覧時には気付かなかった小さな汚れ、売主さんが残した汚れをそのままにしておきたくないですよね。当店では毎年、数多くの中古住宅の空室美装クリーニングをご予約いただき、クリーニングを実施しております。

引越し直後から気持ちよく新生活をスタートできるよう、見えない部分から簡単には落とせない専門的な汚れまで、隅々しっかりとクリーニングいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください