エアコンから変な音がする

こんばんは、店長の高木です!
最近、エアコンからポコポコと音がするといったお問い合わせが増えています。夏場のエアコンシーズンやエアコンクリーニングした後に起きやすい症状です。ただ、これはエアコンの故障ではありません。
過去のブログにも何度か書いていますが、気密性の高いお部屋(とくにマンション)では空気の通る場所が少なく、エアコンのドレンホースが空気の通り道になることがあります。このようなお部屋で換気扇を使用するとドレンホースから屋外の空気が入り、室内機で発生した結露水がスムーズに流れず、ポコポコと音がする事があります。
 
では、どうしたらいいの?対策はあるの?
 
対策はいくつかありますが、今すぐできる対策は以下です。
 
・お部屋の換気口を開ける
 
・少し窓を開ける
 
・換気扇を止める
 
・ドレンホースの先端の向きを変える
 
とはいえ、料理の時など換気扇を止めるわけにはいきませんし、窓もずっと開いたままにしておくのもできませんよね。。
そこで一番効果的なのがエアシャットバルブ(逆止弁)を取り付ける事です。これはホームセンターなどで600~900円程度で購入出来ます。
 

エアシャットバルブ、エアシャッター、消音バルブとも呼びます。機能はどれも同じです。

 

取り付けるとこんな感じです。

室外機付近のドレンホースに接続します。
 

逆止弁が付いているので害虫などの侵入も防ぐことができます。ただ、定期的にバルブをお掃除しないとバルブ内に汚れが詰まり水漏れを起こす可能性があります。写真のように脱着も簡単ですのでお手入れも難しくありません。

 
エアコンのポコポコ音、虫の侵入対策、冬場の冷気対策など、気になっている方は取り付けてみてはいかがでしょうか?
エアコンクリーニングと合わせて是非ご検討下さい!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください